<< 見えないもの | main | 楽しく面白く >>

らすかるだよん。

こんばんは〜。

滞納しまくって、今日から第99回公演のブログリレースタートです!(ごめんなさい)

そんな栄えある1回目を書かせていただきますのが、NONNYのキューティアニマル=日花泉(ひばないずみ) こと らすかる であります!

まずは今公演の告知からですね。

 

『Doubles』

作・演出:らすかる

7.8(土) 14:00開演 

 

『DOLL』

作:如月小春 演出:三木駿

7.9(日) 13:30開演


@Studio Cocolo(千葉駅から徒歩5分)

 

お気づきの通り今回、脚本と演出をやっています。らすかるってペンネームについては触れないでください()

脚本のジャンルは、、、まだ秘密です。チラシとタイトルからいろいろ連想してみてください。

笑いあり、涙あり(?)で続きの展開が気になるような作品です。

 

ちょうど2年前の話。

僕の初舞台では当時3年生の大先輩が演出をやっていたのですが、こうして3年生になった今、僕が同じ立場に立っているとなんだかくすぐったい気持ちになることがあります。

こう、稽古をしながら、あの頃先輩たちはこんな思いをしてたのかなぁとか、あの頃の俺はあーだったなぁとか、気が抜けるとふと思い出が蘇ってきます。

 

今の後輩たちには多分わかってもらえないけど、2年前の僕、そりゃあもうひどかったんです。

 

僕「何気なく見上げた空が―」

演「待って待って、あなた今どこ見てるの!?」

僕「前見てました」

同期「まずは空を見上げろ!!!!」

 

演「まずは感情を作って―」

僕「(。´・ω・)?(。´・ω・)?(。´・ω・)?」

演「感情で動く―」

僕「(。´・ω・)?(。´・ω・)?(。´・ω・)?」

 

今だから言えますけど、正直あの時、ぜんっぜん分かってませんでした。分かってないっていうよりかは、置いて行かれるのが怖くて分かったつもりになっていたのかもしれません。

こんなヤツが今、2年前と全く逆の立場で「感情を作って―」とか「感情で動いて―」とか言ってるの、少し面白いですよね()

歳はとりたくないものです。

 

2年前の経験があるからこそ、今回は大先輩たちに負けないくらい、ありとあらゆる方向からアプローチしています(してるつもりです)。

役者たちも負けじと食いついてきてくれてます。お兄さん本当に嬉しい。もっと厳しくしちゃおうかな()

本当は今回の役者を一人一人、いいところを長々と紹介していきたいんですが、空腹で死にそうなので……

 

そろそろお開きにしよっか。

 

次回はDOLL班の演出をやってる みきしゅんにバトンタッチです!お楽しみに〜。

 

at 22:12, 劇団NONNY, 第99回公演

comments(0), trackbacks(0), - -

スポンサーサイト

at 22:12, スポンサードリンク, -

-, -, - -

comment









trackback
url:http://nonny.jugem.jp/trackback/483