<< 今日はフランス革命戦争開始日 | main |

見えないもの

皆さんこんばんは、外国にいらっしゃる方はもしかしたらおはようございます。新歓公演『マクベス裁判』演出の佐藤です。

まずは 公演情報から。本日第一日目でしたので、明日のスケジュールを載せます↓

 

『マクベス裁判』
作:奥泉 光
演出:佐藤 あやめ
@Studio CoColo(千葉駅から徒歩5分)
4月23日(日) 11:30〜(クリムゾンチーム) 14:30〜(スカーレットチーム)

 

本日第一日目ということで、わたしの素朴な 感想をひとつ。

いらした 方はわかると思いますが、今日上演直前に舞台で諸注意等を述べた(噛んだ…明日はもっとスムーズに…)のが私でありまして、

あれはですね、見てればわかるんですが、喋った後に舞台裏にはけるんですね。

なのであったり前なんですが、役者が全員舞台上に出ると裏が広くなるんですね。

「あ、一人になった」って思うんですよ。 

でまあそうすると どうなるかというと、

動きが自由になるので、すっごい動き回るように、なるのです。もちろん音は立てないように気を付けはするんですが、何せ裏ですから、役者を見られないんですね。当然なんですが軽くつらいですね。笑

いや、別にここでワガママを言おうというのではないのですが、必然的に裏から役者の影を追いかけて凝視する図が完成するというわけです。舞台の 仕切りに使っている高さ2メートル余りの木製の衝立的なもの(パネルと呼ばれる)に映るただの影に過ぎないものに向かって眼を精一杯見開いて いるんです。わたしは。

なのでまあ役者陣には裏で演出が照明の影に向かって応援してるということを伝えつつ、NONNYが気になる方には本番の「実は」  のようなものをちょこっと知ってもらって「面白いかも」と思って もらえればまあ良いのかなと思います。

 そんなところですね。あんまり遅くまで起きてると多方向からお叱りをうけるので終わりにします。

おやすみなさい。どうぞ 皆さんひとりひとりの眠りを殺さずにすみますよう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

at 23:07, 劇団NONNY, 第98回公演

comments(0), trackbacks(0), - -

スポンサーサイト

at 23:07, スポンサードリンク, -

-, -, - -

comment









trackback
url:http://nonny.jugem.jp/trackback/481