<< 春巻きって皮破ったら空気中に春が漂いそう | main | シミが付いたなら洗剤を使えばいいじゃない >>

全身全霊、全知全能、その名は・・・。

こんばんは。NONNYの長老枠、「まっさそ」こと松原でございます。

これがもしかしたら最後のブログかもしれない、最後の劇になるかもしれない

そんな思いを抱きながら筆を取っています。

皆様からしたらどこぞの馬の骨とも知れぬ一人の男かもしれませんが、それでも全力を注ぎ込んで劇を作りました。

それは...

 

劇団NONNY第98回公演

『マクベス裁判』

作:奥泉光 演出:佐藤あやめ

場所:Studio CoCoLo(千葉駅から徒歩5分)

4月22日(土) 12:30〜(スカーレットチーム) 16:00〜(クリムゾンチーム)

4月23日(日) 11:30〜(クリムゾンチーム) 14:30〜(スカーレットチーム)

※開場は開演の30分前

 

です!(ちなみに自分はクリムゾンチームに出演予定です)

お堅い挨拶はここまでにして共演するメンバーの紹介Part2を始めたいと思う(ここで聞こえる法螺貝の音)

初っ端に登場するはNONNYのすべての団員に愛されている男!

四本修之晋(あだ名は「しゅーしん」)
負けず嫌いの頑張り屋さん!
練習における真摯な姿勢、ミスのないスタッフ作業、人は彼を「パーフェクトヒューマン」と呼ぶ(呼ばない)。
今回役として1番輝いてるのは彼と言っても過言ではない。この1年で本当に成長した(ここで涙が頬を伝う)。そんな彼も大学から演劇を始めたので、大学から演劇を始める人は注目である!
睡眠不足になりがちな彼は「すやのしん」と呼ばれているのは内緒だ。
あとかわいい。

永峰威世紀(あだ名は「いせき」)
先輩を愛し、先輩に愛される男。16の脳筋枠は彼に決まりだ。
ガタイが良い彼の演技は笑わせることに長けている。とてもハキハキと返事をして心地いい。癒される。
そんな彼は魔女の姿勢をするスペシャリストである。本当に彼は魔法が使えるといううわさが流れているとか流れていないとか…その噂の真相を知りたいなら新歓公演を観に行こう!

迫田しのぶ(あだ名は「しのびー」)
表情の変化が素晴らしく、また動きも大変バリエーション豊かである。
恐らく彼女は想像力が素晴らしいのだろう。
彼女の笑顔にみんな引き込まれること間違いなし。
知識量が多いので、歩く図書館と呼ばれている(嘘)
独特な世界観を持っているような気がする彼女の演技には人を惹きつける力がある。
10月の公演からずいぶんと成長してお兄さん涙がちょちょぎれそう!

矢野佑香(あだ名は「わいわい」)
ふわふわしていて何かを考えていそうで実は何も考えていない?????
とか思ったり思わなかったり。
要するに読めない奴なのである。
唯一自分を尊敬してくれる後輩かと思ったがそんなことは全然無かった!笑
癒されマスコットキャラだと思ってるけど伝えると調子乗りそうだからやめとく笑
声量があるから迫力あるキャラやってほしいなー

佐藤あやめ(あだ名は「あやめちゃん」)
満を辞して紹介するのはこのお方。
クールでキレのある動き、どこを取っても絵になる雲の上の人…!
と思いきや意外とドジっ子。
公演期間中になかなか辛辣な対応されていて、何かに目覚めそうな気がするようしないような??
今回初めて演出をするのだろうか、思い悩み過ぎていて心配なのである。
1人じゃないよって声をかけたいけど恥ずかしいから言えない。
最後のラストスパート、一緒に頑張ろうず

 

ということでみんなの紹介終わり!

今回の公演が一番大変だったけど、これから入る新入生に演劇ってこんなにやりがいがあって楽しいんだぞ!ってことを演技を通じて伝えられたらなぁと思っています。

それじゃStudio CoCoLoでお待ちしております!

 

 

at 23:47, 劇団NONNY, 第98回公演

comments(0), trackbacks(0), - -

スポンサーサイト

at 23:47, スポンサードリンク, -

-, -, - -

comment









trackback
url:http://nonny.jugem.jp/trackback/475