白色って何だろう

どうもこんにちは。
理学部地球科学科2年、「鉱物はなぜ白いのか」という課題に苦しんでいる岡本です。
ヒントは「何色の石英をこすっても出てくる粉は白色」らしいです。
意味が分かりません。
期限は来週の火曜日。期限までに答えを導き出すことができるのか。
次週、「落単」 お楽しみに!

それでは告知を↓

劇団NONNY 第95回公演(新入生歓迎公演)

『ルナティック影法師』
作:BUNNY la VANILLA 演出:岸本綾音
4/23(土) 11:30~ , 4/24(日) 14:30~

『壟断ゼロフィリア』
作:BUNNY la VANILLA 演出:一倉綾世
4/23(土) 15:00~ , 4/24(日) 11:00~

各回30分前開場

場所:studio CoCoLo (JR千葉駅から徒歩5分)

入場無料、全席自由です。皆様ぜひお越しください。


いやーいよいよ3日後に迫ってきました。
明日から仕込みです。
ルナ班はもはや悟りを開いているので、本日は衣装と小道具の確認やちょっとしたセリフ合わせをして終了の予定です。
ゼロ班は最後の追い込みをすることでしょう。

しっとりした雰囲気を楽しみたい方には『ルナティック影法師』、
ワチャワチャを楽しみたい方には『壟断ゼロフィリア』がオススメです。

新入生の方もそうでない方も今週の土曜日または日曜日、ぜひぜひ観に来てください(๏д๏)


 

at 09:42, 劇団NONNY, 第95回公演

comments(0), trackbacks(0), - -

あと少し...あと少し...

こんばんは!

NONNYの筋肉キャラとして早くも1年生に浸透してきた、まっさそです。



本番が近づいてきたせいか、みなさん体調が崩れたり元気がなかったりと苦難を抱えている様子です。

今までの練習を振り返ると頭がくらくらするくらい長く感じます。

あの公民館で練習やったなぁとかついつい感傷に浸ってしまいます。

楽しいこと、辛いこと色々ありました。そういったことも含めて私はこの公演に携われて本当に良かったと思っています。





そう考えると、この公演が終わってほしいような終わってほしくないような形容しがたい気持ちになります。

なぜならもうきっとこの公演と同じメンバーが同じ劇に揃って出演することがないと思うからです。



みんなのさまざまな複雑な思いが交錯するこの公演を見ていただけたらと思います。




                ↓告知↓

【劇団NONNY 新入生歓迎公演】



場所:studio CoCoLo

日時:4月23日/4月24日



『ルナティック影法師』

作 BUNNY la VANILLA

演出 岸本綾音

4/23 11:30〜

4/24 14:30〜



『壟断ゼロフィリア』

作 BUNNY la VANILLA

演出 一倉綾世

4/23 15:00〜

4/24 11:00〜

at 23:15, 劇団NONNY, 第95回公演

comments(0), trackbacks(0), - -

ある嫌われ者の話

こんばんは!
2年の野水です。
まずは大切なことから。

*劇団NONNY 新入生歓迎公演*
場所:studio CoCoLo
日時:4月23日/4月24日

『ルナティック影法師』
作 BUNNY la VANILLA
演出 岸本綾音
4/23 11:30〜
4/24 14:30〜

『壟断ゼロフィリア』
作 BUNNY la VANILLA
演出 一倉綾世
4/23 15:00〜
4/24 11:00〜


ぜひお越しください!
 
ところで皆さんは、「変わりたい」と思ったことはありますか?
変化を望むときは様々ですが、とりわけ自分の短所を強く意識するとき、私たちはそう思うのではないでしょうか。
自分の中の、嫌いなところ。なくしたいところ。自分の目標を達成するために邪魔なもの。
私にはたくさんあります。一晩眠ったら自分の嫌なところが全てなくなってしまっていればいいのにと、時々強く思いながら目をつむる夜があります。

嫌いなところへの対処法は、本当に人それぞれだと思います。私なんかは気にした後にすぐ別のことでぽーんと遠いところに追いやってしまうのですが(よいこはマネしないでね)、真面目で誠実な人ほど、自分の嫌なところに囚われ、悩んでしまうことが多いのではと思います。

それはきっと、前に進むためには必要なことで、成功する人の条件のようなものなんでしょう。嫌な部分を消していくことで、自分の理想に近づける。自分の望む未来を手に入れることが出来る。そのためには、自分の嫌なところを憎み続けることが何よりも必要になってくるのかも知れません。

でも、もしその「自分の嫌いなところ」に、私たちと同じような感情や意志があったら、どうなるのでしょう。
最近は擬人化が流行っていますよね。画面の中では、戦艦も刀剣もひとのような体をして、私たちと同じように泣いたり笑ったりしています。
「自分の嫌いなところ」は、その名前や内容のとおり、必然であるかのように嫌われて、憎まれて、拒絶されます。そんなものに意志があったところで、きっと悲しいことしか起こらないでしょう。周りに嫌われ、その存在を否定されることの辛さは、誰もが知っているはずです。

こいつは何を話しているんだと、読んでいるあなたは思うかも知れません。自分の嫌いなところが独立した意志を持つなんて、そんなバカげたことあるはずがない。戦艦や刀剣みたいなかっこいいものを擬人化するならまだしも、どうしてこんな醜いものにわざわざ感情や意志を与えるメリットがあるのか。

本当にそうでしょうか。自分の嫌いなところには本当に感情がないのでしょうか。それを詰り、否定することで、傷つく人は一人もいないのでしょうか。

そんなはずはないと思います。
他ではない自分自身が、間違いようもなく深く傷つくはずなんです。だって、どれだけ自分が拒絶しようとも、それは紛れもないあなた自身なんですから。

自分の嫌なところを見つめるとき、私たちはいつでも嫌な気持ちになります。それは自己嫌悪だけではなく、自分自身に肯定してもらえないという苦しみでもあるのではないでしょうか。

短所を擬人化するというテーマのお話を、私はいくつか見かけたことがあります。最初はどうしてそんな悲しいことをわざわざお話にするんだろうと疑問に思っていました。
でも、最近色んなことを考える中で、なんとなくその理由が見えてきた気がするのです。
嫌われ者を一歩引いた視点から見たとき、私たちは少なからずその人を「かわいそうだ」と思うものです。理由は分かっていて、そうしようもないと分かっていても、ほんの一瞬だけでも、憐れに感じてしまう。

その瞬間に、そのお話を書いた人は問いかけるんです。
「あなたが嫌っているその部分は、本当に拒絶する他ないものなんだろうか?」
どうか、あなた自身のすべてを愛してほしい。嫌いなところから目を逸らし、拒むのではなく、愛して向き合ってほしい。

ナルシストになれっていうの? って思うかも知れませんが、ちょっとニュアンスが違います。
こういう部分、私はあんまり好きじゃないけど、これがあるから、私はこういうことが出来るんだよな。そんな風に、自分の好きなところを支えるひとつの材料として、好きだと思うってことです。

変わりたいと思ったことはありますか。
嫌いなところはありますか。
それで深く傷ついたことはありますか。
触れたくもないような汚い石ころは、勇気を出してひっくり返してみれば、とても綺麗な宝石の原石だったかも知れません。

長々と話してしまいましたが、しかもイミワカンネーよって思うかも知れませんが、というかそうとしか思えなかったかも知れませんが。
実は私が今日ここで言った駄駄駄なあれこれは、『ルナティック影法師』を観ればほんの1ミリくらいは分かってやれる、今日のブログはそういう仕様になっております。
うーん、嘘のつもりはないんですが、私の消しカスみたいな文章力が災いしていれば、大嘘になるかも知れないです。宇宙人の文法が分かる方はいらっしゃいますか。

駄文を読まされ、皆さま大変気分を悪くされていることでしょう。私を責めないでください。ブログがスムーズに更新され続けているのが悪いのです。
ともかく、このブログは出演者が書いているというだけであって、上演される公演そのものとは何の関係もありません(多分)ので、悪しからず、どうか公演に足をお運びください。

観てくださった皆様が、昨日よりもほんの少し自分自身を好きになれるような、そんな劇にしたいなと思っています。
というわけで、おやすみなさい!

at 23:37, 劇団NONNY, 第95回公演

comments(0), trackbacks(0), - -

余命1週間の華よねぇ

こんばんは、『壟断ゼロフィリア』の演出です
まずは公演情報から

【劇団NONNY 新入生歓迎公演】
 場所:studio CoCoLo
 日時:4月23日/4月24日

 『ルナティック影法師』
  作 BUNNY la VANILLA
  演出 岸本綾音
   4/23 11:30〜
   4/24 14:30〜

 『壟断ゼロフィリア』
  作 BUNNY la VANILLA
  演出 一倉綾世
   4/23 15:00〜
   4/24 11:00〜

 須らく観よ!!!

※以下、ブログ記事



本番が近くなってまいりました
今日が金曜日、明日が土曜日
公演は、来週土曜と日曜日
今公演メンバーでの練習は、もう1週間しか残されていません

『壟断ゼロフィリア』に登場する当麻清澄、安原勇喜、石谷亜李奈、伊豆玲斗、楓遊音、水出穂乃、富木智香、南野春は、公演が終わっても生き続けます

私達は彼らの生きざまを舞台の上でしか確認できません
私は今まで、公演が終わったら、登場人物は消えてしまうのだと考えていました

けれど、それは違うのだということに、気づいてしまった

消えるのは、俺だ

登場人物たちは、公演の数だけしか生きられない、公演の時間だけしか生きることができない
そう思っていたのに

どうやら脚本家が、今回の登場人物たちを気に入ったため、今後も彼らの登場する話を書いていきたいと考えているようです
つまり私たちは、いつかまた彼らと出会う可能性があるということに
「おかえり、清澄」
「おかえり、安原」
「おかえり、亜李奈ちゃん」
「おかえり、伊豆くん」
「おかえり、穂乃ちゃん」
「おかえり、智香」
「おかえり、春ちゃん」
いつの日かこんな言葉が、私たちの口からこぼれるのでしょう

消えるのは、俺だ

当麻清澄役・日花泉、安原勇喜役・松原和毅、石谷亜李奈役・伊藤野々香、伊豆玲斗役・久米田和樹、水出穂乃役・丹羽遥香、富木智香役・小林文香、南野春役・山崎編音

彼らは、公演が終われば死んでしまいます
ただの日花泉、松原和毅、伊藤野々香、久米田和樹、丹羽遥香、小林文香、山崎編音に、戻ってしまうのです
役の仮面を外して、彼らはそれを踏み潰さなければなりません
猶予は、許されない
早急に、死すべきサダメ

役者自身は、これからも輝き続けます
けれど、今公演の仮面を被った役者は、もう2度と見れません

それを、自覚しているからでしょうか

本日の練習

役者たちはお疲れのようでしたが、それがいっそう、彼らを引き立てていました

余命1週間の華たちの、憂いを帯びた表情

果物は腐りかけが美味しい
桜は散る直前が美しい

役者は、公演前が……

消えるのは、こいつらだ

消えてなるものか、俺は

楓遊音役・一倉綾世
私は、消えません
消えるつもりは、ありません

愚かだと、罵られても
かわいそうだと、思われても
煌めく想い出に、胸を押し潰されても

私は「楓遊音」を引き受けて、いつまでも生き続けましょう
私は生きて、「彼ら」が生きていたことを証明しなければならない

ひとりずるずると想い出を引き摺り、記憶を葬ることも出来ない、愚かな男に
「バカなのは俺だけにしようぜ」

4月が、終わろうとしています
みなさま、桜は見ましたでしょうか
桜は、美しかったでしょうか

桜よりも美しい、余命1週間の華がね
濡れて、叫び、輝き、笑う
そんな、素敵な舞台があるんです

2016年最期のお花見、『壟断ゼロフィリア』
どうぞ、ご来場ください

楓遊音が、お送りしたぜ!!!

at 21:35, 劇団NONNY, 第95回公演

comments(0), trackbacks(0), - -

この瞬間、世界の中心は僕だって言いたかったけど、恥ずかしいのでやめました

どうもキマタの中のキマタです。

最近寒くなってきましたが皆さまいかがお過ごしですか?
僕はまたヒートテックを着始めました。
暖かいです。幸せです。
きっと昔の僕ならこんなありふれた幸せにも気づいていなかったと思います。

じゃーなにが君を変えたのかって??

それわね、劇団ノニーがきっと充実した毎日を与えてくれたおかげだよ。
劇団ノニーに入って良かったーー。

来週末公演を打ちます。
場所はスタジオ心です。
お暇でしたら是非のぞいてみてください!
 

at 19:28, 劇団NONNY, 第95回公演

comments(0), trackbacks(0), - -

十字軍によりコンスタンティノープルが陥落した日

こんばんは。今日はいろいろあってテンションがぶち上がってました、文学部史学科2年の岸本です。タイトルでも無駄に歴史要素を推して行こうと思ってます。もう史学科、ではなく歴史学コースになってしまったのが地味に悲しいです。

さっそく今公演の告知を!

【劇団NONNY 新入生歓迎公演】
日時:4/23(土),24(日)
場所:studio CoCoLo(千葉駅から徒歩5分)

『ルナティック影法師』
4/23 開場 11:00 開演 11:30
4/24 開場 14:00 開演 14:30

『壟断ゼロフィリア』
4/23 開場 14:30 開演 15:00~
4/24 開場 10:30 開演 11:00~

全く雰囲気の違う劇になっておりますので、お時間があれば是非とも両方ご覧くださいませ!

電車に揺られながら何を書こうか必死に考えたのですが、たいして面白いことも書けそうにないので勝手ながら私が演劇のめり込んだきっかけを綴ります。
高校で初めて演劇部に入ったのですが、最初は演じることがそんなに好きではなかったし、怖くすら感じてました。でもいざ本番になりお客さんの前で演じた時、言いようのない高揚感みたいなものを覚えたのです。自分ではない自分というものを初めて意識した瞬間でした。それからあれよあれよという間に演じること、お客さんにどう見せたいか演出すること、どんな話を演劇にしたいか考えて脚本を書くことに熱中していきました。演劇は自分ではない自分に出会わせてくれました。私にとってはそれが人生の転機とも言えます。そこから演劇に魂を売り続けてます。(笑)
まあ自分ではない自分と出会うことが、必ずしも良いこととは限らないでしょうが……。

と、微妙に重たいことを書いてしまったような気もしますが、ちょっと演劇に興味がある、なんか楽しそう、などなんでもいいんです。気軽にお越しください!新歓公演はもちろん、練習体験会もぜひ!

そろそろ最寄駅。それでは今回はこの辺で。

 

at 22:44, 劇団NONNY, 第95回公演

comments(0), trackbacks(0), - -

忘れん坊ですパート2

こんにちは、またまたブログ更新忘れました、丹羽です
もう本当にすみません……

では、さっそく告知でーす!

新入生歓迎公演(第95回公演)

『ルナティック影法師』
作:BUNNY la VANILLA ?演出:岸本綾音
4/23(土) 11:30~ ?、4/24(日) 14:30~

『壟断ゼロフィリア』
作:BUNNY la VANILLA ?演出:一倉綾世
4/23(土) 15:00~ 、 4/24(日) 11:00~

(どの回も30分前開場)

場所:studio CoCoLo(JR千葉駅東口から徒歩5分)


さて、告知し終わりました
授業開始時刻迫ってます
書きたいこと多いです
おわた/(^o^)\

とりあえず、劇団NONNY楽しいです!

授業が始まるので、これにて解散!
すみませんでしたぁぁぁぁぁ!!!!!!

at 14:26, 劇団NONNY, 第95回公演

comments(0), trackbacks(0), - -

ツムツムはじめました。

こんばんは。メンタルブレイク岡本です。
今日の夕ご飯はやけに塩気がきいた焼きジャケでした。
美味しかったです。

それでは告知をば。

劇団NONNY 新入生歓迎公演(第95回公演)

『ルナティック影法師』
作:BUNNY la VANILLA  演出:岸本綾音
4/23(土) 11:30~  、4/24(日) 14:30~

『壟断ゼロフィリア』
作:BUNNY la VANILLA  演出:一倉綾世
4/23(土) 15:00~ 、 4/24(日) 11:00~

(各回30分前開場)

場所:studio CoCoLo(JR千葉駅東口から徒歩5分)

乞うご期待!

さて、今日からTwitterにてキャスト紹介をはじめました。
これから公演前日まで順次キャスト紹介を公開していきますのでどうぞお楽しみに。
これで少しでも皆さんが今公演に興味を持ってくだされば幸いです。

よし、眠い! 寝よう!そうだ!寝よう!それでは!皆さん!

おやすみなさい( ˘ω˘ )スヤァ…

at 00:32, 劇団NONNY, 第95回公演

comments(0), trackbacks(0), - -

眠いときは寝るに限る


こんばんは。布団を開発したのは一体どこの誰なんでしょう、ノーベル平和賞を5回は獲れるでしょうね。
無事進級したので、教育学部の新2年になりました。小林です。

まずは告知から。

【劇団NONNY 新入生歓迎公演】
日時:4/23(土),24(日)
場所:studio CoCoLo(千葉駅から徒歩5分)

『ルナティック影法師』
4/23 開場 11:00 開演 11:30
4/24 開場 14:00 開演 14:30

『壟断ゼロフィリア』
4/23 開場 14:30 開演 15:00~
4/24 開場 10:30 開演 11:00~


はい、昨日のブログにもあった通り、本日は「壟断ゼロフィリア」2回目の通しでした。

始まる前、ふと顔を上げると客席には偉大な先輩方がズラリ!
そして先週2回目の通しを終えた「ルナティック影法師」のキャスト陣がズラリ!

嗚呼やんぬるかな(あぁもうおしまいだ)。
普段はバカ騒ぎしているゼロ班キャストの顔にも緊張が走っていました。

ただ、多くの収穫はあったのではないでしょうか。
いつも一緒に練習をしているキャスト同士では目が行かない点に気付けるのは本当に有難いことです。



さて、授業も遂に始まり、一年生の皆さんの中には暇だった春休みとのギャップについていけない方々もいらっしゃるのではないでしょうか。
かくいう私もニートからの脱出に時間がかかった一人でもあります。

ただ、大学の1年目は恐ろしく早く過ぎ去っていきました。多分今年もそうなんだろうなと思います。

そこで!私は日記を書くことを最近色んな人に推しています。
1日5行くらい、あったことをただ書くだけで読み返した時に思い出せる記憶が格段に増えます、ホントです。

「5行も書くことがないよ!」という貴方!サークルに入ってみましょう!同じ趣味を持った仲間だけでなく、色々な人との出会いがありますよ!

それは別に演劇サークルだとは限らないでしょう。まあ演劇だったら嬉しいんですけれども!私は!とても!

せっかくの大学生活です。
まずは再来週、劇団NONNYの新入生歓迎公演にいらっしゃって、日記のネタにするのもアリですね!笑

それでは今回はこの辺で。

at 23:33, 劇団NONNY, 第95回公演

comments(0), trackbacks(0), - -

歩けるってすばらしいと捻挫で思い知らされた

こんばんは。

二度目のブログ更新となります、前回は1年だったけど今度こそ2年と名乗らざるをえない理学部地球科学科、「2年の」山です。

…ハァ(悲しそうな目)

 

さて公演の告知をば。

【劇団NONNY 新入生歓迎公演】

日時:4/23(),24()

場所:studio CoCoLo

『ルナティック影法師』

4/23 11:30~

4/24 14:30~

『壟断ゼロフィリア』

4/23 15:00~

4/24 11:00~

 

入場無料、全席自由席でございます。皆様のお越しをお待ちしておりますよ。

 

 

さて。

最近NONNYブログに柄にもなく真面目なことを書き込んでいく輩がちらほらと見受けられるようですね。私も便乗してシリアスムードでいってやるかと思ったものの、文章が思い浮かびません。無念。

シリアスムードといっても、普段ふざけてる奴がふっと真面目なことを口に出すから皆の注目が集まるのですよね。私もそういったギャップ商法でこれから入ってくるであろう後輩から人気を集めたいものですね。

まず後輩が入ってきてくれるのか、自分たちが先輩としてうまくやれるのかでドキドキハラハラなんですけどね。

演劇に興味ある方、なんか演じてみたい方、注目を浴びたい方、自分を変えたい方、

劇団NONNYはそんな貴方達を歓迎します。

少しでも面白そうだと思ってくれた方はぜひ練習体験会へ!!

 

…ゴホン。

えー、前回私がブログを書いたのは確かゼロフィリア班の1回目の通しの日だったと思います。

今回は、奇しくも2回目の通しが明日に迫っている状況です。

偉大なる先輩方の前で通し練習です。わーい!どうしよう!!(夏にも同じようなこと書いてた記憶)

そんな現状なのでブログで人生観を語っている余裕などありません。プレッシャーと危機感でいっぱいです。

まだまだ足りない、もっとやれるはず、もっともっと…と思っている間にも時間はすごい早さで過ぎていき、気づけば2年になっていて、後輩が入学してきて、授業が始まって、2回目の通しの日がきて…

こんな調子で本番の日だって、あっという間にやってきてしまうに違いありません。

いくらまだまだ上を望んでも、本番の時は来てしまうんですよね。

それまで残された短い間で、どれくらいのことができるでしょうか。完璧を望むことはしないまでも、清々しい気持ちですべてを終えたいものです。

でも公演を見て、というか私を見て、ファンになってくれる後輩は欲しいです(真顔)

 

えーと、とにかくあれです。

うきうきわくわくしていた先月半ばから一転、キャスト陣は思い思いに苦悩の道の真っただ中にいます。ここを越えれば良い作品ができるとわかっちゃいても…やはり100%満足のいく演技ができないというのは悩ましく、辛いです。

誰ですか、1回目の通し後にこの辛い時間が大好きとかぬかしたナスは。ちょっと過去に飛んでシメてきます。

 

まぁそれもおいといて。

この先あとどれくらい悩むハメになるかは知りえませんが、新歓公演、楽しみですね。

このイベントを最高の思い出にして、それによって可愛い後輩をゲットして、NONNYの新たな1年が始まるんだとわくわくしていたいなと思います。

そんな輝かしいスタートのために、まずは明日の通し、頑張ります。

 

俺たちの戦いはこれからだ!!!

at 22:46, 劇団NONNY, 第95回公演

comments(0), trackbacks(0), - -